数字と情報

企業の財政状態を把握できるIR情報

IR情報は企業の経営状況を確認するのにうってつけの情報であるため、投資家は必ずと言っていいほど目を通しているでしょう。投資しようと検討している企業は成長の期待が見込めるのか、また現状は赤字が続いているが将来的には大きく黒字に転換する期待度などを、公表された情報から読み解くことができます。投資活動において最も怖いのが企業が倒産することですが、経営状況が著しく悪いのかどうかをもIR情報から知ることができます。
それは「連結財政状態」から確認することができ、主に自己資本保有比率の数字に注目するといいでしょう。自己資本比率を多く抱えていることは返済義務がない借金が多くないこととなり、最低でも40%以上が指標の目安となります。ただ自己資本比率が高ければいいということでもなく、余っている資金を事業拡大など、有効に使えていないということにもなるため、これからの事業展開や展望を確認する必要が出てきます。
自己資本比率が低ければ低いほど企業が抱えている借金リスクが高くなり、10%を切ってしまうと資金繰りが上手くいっていないのだろうと判断できます。そのため投資を行うことは大変リスクのあることになるため、大きな損失を抱えることになることから、IR情報は投資前にしっかりと目を通しておきたいところです。

IRでは数字に注目します

企業のホームページに掲載されているIRで注目すべきは数字です株式市場に参加している大口(大きな資金力を持つ人たち)は理念などで動きません経常利益が伸びているか、継続的に大株主になっている人たちはどのくらいいるかなど企業の成長と株価の伸びを見ています例えば、ゲーム会社であればゲームの売り上げ、事業展開など株式市場で材料になりそうな数字がないかIRを数字でチェックするのは非常に大事です。
それに合わせて、過去のチャートとIRを遡るという手もあります会社にとって新たな事業を展開してIRに載った時、過去のチャートではどう動いたのかを調べると企業への期待値が見れますIRは単体で見るものではなく、様々な情報と組み合わせ照らし合わせることにより情報として意味をなします今の時代であればツイッターやフェイスブック、ブログに動画サイトたくさんありますこれらの数字と組み合わせれば、より効果を発揮してくれるでしょう。
あとは、見やすさも大事です画像を効果的に使いIRを見慣れていない人でも、スムーズに最後まで読めてしまう工夫がなされているとプラスですねこれらの情報と自分なりの気づきでIRを見る、という行動を楽しむことに変えてみてください慣れてくると面白いですよ。

記事リスト

2017年08月29日
数字と情報を更新しました。
2017年08月29日
収支の流れを分析を更新しました。
2017年08月29日
基本的なIRの概要を更新しました。
2017年08月29日
信頼性の高い判断材料を更新しました。

Copyright(C)2017 IR情報について初心者向けに解説 All Rights Reserved.